スキップしてメイン コンテンツに移動

【ふぇみ・ゼミ特別公開講座「3つの場所のフェミニズム」vol.0】 北京LGBTセンター事務局長辛穎さん「1995世界女性会議の後 中国LGBT運動は野火のように拡がった」のお知らせ

ふぇみ・ゼミ企画 特別連続講座「3つの場所のフェミニズム」vol.0
北京LGBTセンター事務局長・辛穎(Xin Ying)さん講演会



講演タイトル「1995世界女性会議後、中国LGBT運動は野火のように広がった」
2019年4月30日(火・休) 13:30開場 14:00~17:00
東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟3階2番教室
資料代 1000円(ふぇみ・ゼミ受講生は無料)
事前申し込みは不要です。
お問い合わせ先 femizemi2017@gmail.com

司会 梁・永山聡子
コメンテーター 飯野由里子、高柳聡子
通訳・コーディネーター 熱田敬子
主催 ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム・ゼミナール~ふぇみ・ゼミ~
共催 東京大学大学院教育学研究科 バリアフリー教育開発研究センター

※講演は中国語です(日中通訳付き)。通訳部分を含む日本語の発言について、PC文字通訳がつきます。託児はありませんがお子様連れも歓迎します。その他配慮が必要な方はお問い合わせください。


講演テーマ:「1995世界女性会議後、中国LGBT運動は野火のように広がった」


1995年北京の懐柔で、第4回世界女性会議が開かれ、189カ国と地区の代表、国連各機関と専門団体、また政府間組織とNGOの体表など、1.7万人が参加した。
 95年の世界女性会議の後、NGOの存在が中国市民に認識され始める。そして、「ジェンダー主流化」の概念もまた、中国に入ってきた。
 その頃中国では、同性愛は未だに非犯罪化されておらず(1)、病気とされていた(2)。第4回世界女性会議上で、全世界から300人以上のレズビアンが懐柔に集まり、NGOフォーラムの中で「ララ(拉拉)・テント」が承認された(訳注:「ララ(拉拉)」はレズビアン・バイセクシュアル・トランス女性など、女性のセクシュアルマイノリティの総称)。これは中国のララ・コミュニティと、国際的なララ・コミュニティの初めてのつながりでもあった。世界女性会議の後、北京のララ・コミュニティは組織化をはじめ、バーや個人の住宅で小規模な集まりを開催した。こうして、規模は小さいながら、徐々に一つのコミュニティが形成されていく。1997年、中国で初めての同性愛者コミュニティのホットライン99575が成立、同年中国で初めてのララ団体、シスターズ・グループ(姐妹小組)も立ちあがった。初期のララ運動は、一貫してフェミニストの積極的な参加と支持を得ていた。
 それでは、95年世界女性会議の後、中国のLGBT運動はどのように発展し、また女性運動の発展とどのように関係していたのだろうか?
 北京LGBTセンター事務局長の辛頴が、北京LGBTセンター発展の歴史的文脈から、中国LGBTの権利の発展と現状、中国LGBT運動とフェミニズム運動の関係について紹介する。

(1)1979年の「中華人民共和国刑法」は同性の性行為を治安紊乱罪(流氓罪)としていた。1997年の刑法改正で鶏姦罪を含む治安紊乱罪は撤廃された。
(2)1989年の「中国精神病分類・診断基準マニュアル(中国精神疾病分?和?断?准)第二版」では、同性愛は「性変態」の範囲に入れられている。2001年の第三版で同性愛はマニュアルから削除されたが、依然として「自己否定と、同性愛、両性愛」の記述は残っている。

北京LGBTセンターwebサイト



辛頴プロフィール:

 北京LGBTセンター事務局長、中国民間女性映画祭共同創始者。ジェンダー領域で9年間アドボカシーアクションを行ってきた。2012-2015年の間、反DV運動、ジェンダーに基づく教育差別反対運動など、女性の権利擁護アクションにも頻繁に参加した。2012年に北京LGBTセンターに就職し、国際的影響力のあるアドボカシー、研究調査プロジェクトの企画・提案を主導した。2016、2017年にそれぞれ「性指向、性自認、性別表現に基づく差別状況調査」「中国トランスジェンダー・レポート」の研究を実施し、国内外のメディアに多く報道された。研究成果は国内外の学術雑誌に発表している。2012年には、中国LGBTアライカウンセラー・トレーニングをスタートし、現在まで中国各地で18のトレーニングを行い、中国30都市をカバーした。中国LGBT組織の代表として、世界銀行、国連ニューヨーク本部での国際会議などに出席した経験が豊富である。

このブログの人気の投稿

(3/8)緊急企画「オンライン・フェミニズムウェーブ〜ネットでつなぐ国際女性デー」

中継は下記のリンクから! オンラインフェミニズムウェーブ、中継は終了しました!  映像公開の了解を得られた部分について、 こちらで公開しています。どうぞご覧ください。

新型コロナウィルスCOVID-19の影響で、様々なイベントが自粛・中止され、また、休校など市民の生活への影響も広がってています。
みなさんの中にもつらい決断をされたり、厳しい調整をせまられた方がいらっしゃるのではないでしょうか。
仕方がない面もありますが、「緊急事態」を盾に、市民の生活や活動が圧迫される危険があります。排外主義につながる危険も見過ごせません。

ふぇみ・ゼミでは、ウィメンズマーチ東京2020実行委員会の共催をいただき、国際女性デー(3月8日)に、オンラインで配信イベントを開催します。
日本各地や他のアジアのフェミニズム運動、LGBTQI+運動とオンライン上でつながって行うYouTubeの中継を見て、リアルタイムで感想共有、参加してください!
ふぇみ・ゼミは設立当初から配信に力を入れてきました。
現在のインターネット技術の発展は、これまで運動に参加することが難しかった人に機会を広げ、多様な声の発信を可能にしています。
リアルに集まる場を準備してこられたウィメンズマーチ東京2020実行委員会と協力し、新しいわたしたちの「集い」を開きます。

詳しくはこのページ、facebook、twitterで随時更新・告知します!
フェミニズム運動は、これまでどんな時も続いてきました。集まれなくたって繋がれる!
知恵と工夫で自粛せず、フェミニズムを続けましょう!


*当日、このページに動画配信のリンクをはります。生中継をご覧ください。
*ウィメンズマーチ東京の共催団体、ふぇみ・ゼミの過去の講師の方々、日本各地やアジアのフェミニズム運動、LGBTQI+運動アクティビストのビデオメッセージや生中継。
*ウィメンズマーチ東京のハッシュタグアクション「#おうちでマーチ0308」に寄せられたtweetの紹介。
ウィメンズマーチ熊本[オンライン・アクション]性別賃金格差解消のための3時STOP女性スト認証SHOTキャンペーンなどの紹介。

*リアルタイムでいただく視聴者の感想のご紹介。 Twitterをやっている方は、ハッシュタグ #OLFwaveで感想を共有してください!



詳しくはこのページ、facebook、tw…

トランス排除に反対するフェミニストの声明

トランス排除に反対するフェミニストの声明
2020年8月18日、NPO法人ウィメンズ・アクション・ネットワーク(以下、WAN)のウェブサイトにトランス排除的なエッセイが掲載されたことに関連し、ふぇみ・ゼミ生を中心とした自主グループ「ふぇみ・ゼミ×トランスライツ勉強会(以下「勉強会」)からWANに宛てて、10項目にわたる公開質問状が出されました。なお、「勉強会」はふぇみ・ゼミとは独立した自主グループですが、ふぇみ・ゼミは若者の活動を育てることを活動目的の一つとしており、今回も「勉強会」の活動を支援しています。
 回答期限である8月31日、「WAN編集担当」より「公開質問状への回答」と題する文章が「勉強会」宛てに送付されました。しかしそれは、質問状中の大半の質問に答えていないばかりか、情報発信側に問われている責任をまったく理解していないと思われる、大変不誠実な内容でした。さらに、公開質問状がNPO法人WANの「組織としての」回答を求めているにもかかわらず、現在に至るまで、理事会からは何らの応答もなく、差別や人の尊厳・人権といった課題に対し、WANが組織として対応できないことを露呈した形になっています。
 近年、日本でも、フェイクニュースやヘイトスピーチの拡散にSNS等のインターネットプラットフォームが大きな役割を果たしていることが、社会問題として認識されています。情報発信側には、正確で信頼のできるコンテンツを提供するとともに、特定の人々(とりわけ、社会的に脆弱な位置に置かれている人々)の存在・尊厳・人権を危険に晒すようなコンテンツを掲載しないこと(万が一、掲載された場合は時を移さず削除すること)が責務として強く求められる時代になっています。そうした中での今回のWANの判断・対応は、WANがこの時代のインターネットプラットフォームを運営する主体としてふさわしくないという事実を明らかにしています。現在、多くの人たちが、自身が執筆した記事をWANサイトから引き上げる活動(ボイコット)に参加しているのは、このためでもあります。私たちふぇみ・ゼミ運営委員は、WANのプラットフォームとしてのあり方を問い、トランス排除的なフェミニズムに反対するゼミ生の活動を強く支持します。同時に、今回素早く問題意識を行動に移した「勉強会」の参加者とともに、WANサイトが差別のない、編集責任を果たす言論プ…

2020年度 ふぇみ・ゼミ 申し込み受付開始します!

お待たせしました。
2020年度ふぇみ・ゼミの受講受付を開始いたします!
①以下のグーグル・フォームから登録してください。 https://forms.gle/e4d5PDxQzsKAoFaX7
〈春期(全面オンライン)4回券〉 学生 3450円[Peatixチケット] 一般 4350円[Peatixチケット]※Peatixでのお支払い(クレジットカード利用可)の場合、手数料分が上乗せされています。学生 3200円[口座振込み]
一般 4000円[口座振込み]

※ふぇみ・ゼミには年齢制限があります。18歳-20代まで、30代はジェンダー初学者のみ受講可能です。
年齢制限についての考え方はこちらをご確認ください。ただし、5000円以上の寄付をくださった方には(寄付の方法はこちら)、ゼミの映像をお届けすることが可能です。年齢制限で受講できないという方は、あわせてそちらもご検討ください。


②グーグル・フォームでの登録が完了しましたら、受講料のお支払いをお願いいたします。 Peatixでチケットをご購入いただくか(クレジットカードが使えます)、以下の口座に受講料を振り込んでください。振り込みが完了した時点で受講手続き完了となります。

<ゆうちょ銀行から>

 振込先 <振替口座>  口座記号番号: 00180-6-635357  口座名称(漢字):ふぇみ・ゼミ運営委員会  口座名称(カナ):フェミ ゼミ ウンエイイインカイ  加入者払込・払出店 :中野新井 
<他行から振込>

 銀行:ゆうちょ銀行  店名:〇一九  店番:019  貯金種目:当座預金  口座番号:0635357  ふぇみ・ゼミ運営委員会

新型コロナウィルスと、煽られる危機に疲れていませんか? 危機が煽られるとき、日常にいつもあった差別は増大し、社会的に弱い立場の人を襲います。
こんな時こそ、性別のみならず民族、人種、障害、セクシュアリティなど、「切り捨てられる」側の目で社会を見る、インターセクショナリティをベースにしたフェミニズムを手放すことはできません。 ふぇみ・ゼミは前期のゼミをZOOMを使った、オンラインの双方向講座に振り替え開催します。 これまでも、会場に足を運ぶことができない、大都市に住んでいない人たちが、オンラインでふぇみ・ゼミに参加していました。 3月8日にはオンライン・フェミニズムウェーブという、国際女性デーのイベントをウィメンズマーチ東京…