スキップしてメイン コンテンツに移動

【ふぇみ・ゼミ特別公開講座「3つの場所のフェミニズム」vol.0】 北京LGBTセンター事務局長辛穎さん「1995世界女性会議の後 中国LGBT運動は野火のように拡がった」のお知らせ

ふぇみ・ゼミ企画 特別連続講座「3つの場所のフェミニズム」vol.0
北京LGBTセンター事務局長・辛穎(Xin Ying)さん講演会



講演タイトル「1995世界女性会議後、中国LGBT運動は野火のように広がった」
2019年4月30日(火・休) 13:30開場 14:00~17:00
東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟3階2番教室
資料代 1000円(ふぇみ・ゼミ受講生は無料)
事前申し込みは不要です。
お問い合わせ先 femizemi2017@gmail.com

司会 梁・永山聡子
コメンテーター 飯野由里子、高柳聡子
通訳・コーディネーター 熱田敬子
主催 ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム・ゼミナール~ふぇみ・ゼミ~
共催 東京大学大学院教育学研究科 バリアフリー教育開発研究センター

※講演は中国語です(日中通訳付き)。通訳部分を含む日本語の発言について、PC文字通訳がつきます。託児はありませんがお子様連れも歓迎します。その他配慮が必要な方はお問い合わせください。


講演テーマ:「1995世界女性会議後、中国LGBT運動は野火のように広がった」


1995年北京の懐柔で、第4回世界女性会議が開かれ、189カ国と地区の代表、国連各機関と専門団体、また政府間組織とNGOの体表など、1.7万人が参加した。
 95年の世界女性会議の後、NGOの存在が中国市民に認識され始める。そして、「ジェンダー主流化」の概念もまた、中国に入ってきた。
 その頃中国では、同性愛は未だに非犯罪化されておらず(1)、病気とされていた(2)。第4回世界女性会議上で、全世界から300人以上のレズビアンが懐柔に集まり、NGOフォーラムの中で「ララ(拉拉)・テント」が承認された(訳注:「ララ(拉拉)」はレズビアン・バイセクシュアル・トランス女性など、女性のセクシュアルマイノリティの総称)。これは中国のララ・コミュニティと、国際的なララ・コミュニティの初めてのつながりでもあった。世界女性会議の後、北京のララ・コミュニティは組織化をはじめ、バーや個人の住宅で小規模な集まりを開催した。こうして、規模は小さいながら、徐々に一つのコミュニティが形成されていく。1997年、中国で初めての同性愛者コミュニティのホットライン99575が成立、同年中国で初めてのララ団体、シスターズ・グループ(姐妹小組)も立ちあがった。初期のララ運動は、一貫してフェミニストの積極的な参加と支持を得ていた。
 それでは、95年世界女性会議の後、中国のLGBT運動はどのように発展し、また女性運動の発展とどのように関係していたのだろうか?
 北京LGBTセンター事務局長の辛頴が、北京LGBTセンター発展の歴史的文脈から、中国LGBTの権利の発展と現状、中国LGBT運動とフェミニズム運動の関係について紹介する。

(1)1979年の「中華人民共和国刑法」は同性の性行為を治安紊乱罪(流氓罪)としていた。1997年の刑法改正で鶏姦罪を含む治安紊乱罪は撤廃された。
(2)1989年の「中国精神病分類・診断基準マニュアル(中国精神疾病分?和?断?准)第二版」では、同性愛は「性変態」の範囲に入れられている。2001年の第三版で同性愛はマニュアルから削除されたが、依然として「自己否定と、同性愛、両性愛」の記述は残っている。

北京LGBTセンターwebサイト



辛頴プロフィール:

 北京LGBTセンター事務局長、中国民間女性映画祭共同創始者。ジェンダー領域で9年間アドボカシーアクションを行ってきた。2012-2015年の間、反DV運動、ジェンダーに基づく教育差別反対運動など、女性の権利擁護アクションにも頻繁に参加した。2012年に北京LGBTセンターに就職し、国際的影響力のあるアドボカシー、研究調査プロジェクトの企画・提案を主導した。2016、2017年にそれぞれ「性指向、性自認、性別表現に基づく差別状況調査」「中国トランスジェンダー・レポート」の研究を実施し、国内外のメディアに多く報道された。研究成果は国内外の学術雑誌に発表している。2012年には、中国LGBTアライカウンセラー・トレーニングをスタートし、現在まで中国各地で18のトレーニングを行い、中国30都市をカバーした。中国LGBT組織の代表として、世界銀行、国連ニューヨーク本部での国際会議などに出席した経験が豊富である。

コメント

このブログの人気の投稿

2019年度ふぇみゼミ開講と初回ガイダンスのお知らせ

4/24 初回ガイダンス
(場所:早稲田大学戸山キャンパス32号館128教室、時間:19:00~)

2019年もふぇみゼミ継続開講します!


↓まずはチラシを。(各所で随時配布していきます。)

チラシ表面(ページ1、4)

チラシ中面(ページ2、3)

(↑画像クリックで大きく表示されます。)


各回の講師プロフィールと講義内容の詳細、推薦図書はこちら↓のエントリーを。
https://femizemi.blogspot.com/p/2019-url-2019-522wed-1900-imadr-1920.html

***

今年もまずは、4月24日(水)に無料公開ガイダンスを行います。(場所:早稲田大学戸山キャンパス32号館128教室、時間:19:00~)
引き続き映像配信を行いますので、遠方の方やご都合が合わない方も、ぜひそちらからご参加ください。(昨年よりも音質を良くしようと模索中です。)
昨年度ゼミに出られていた方も、今年から参加してみたいという方も、まずは以下の参加フォームにご記入ください。2019年度のゼミ関連情報をお届けします。
一度上のチラシをご覧頂いてから、どうぞご登録をお願い致します!
(※今年は現地参加の方と映像参加の方でフォームが分かれていますのでご注意ください。)

ゼミ参加申し込みフォーム↓
(後期用フォームを作成いたしましたのでそちらにご登録ください)

配信申し込みフォーム↓
(後期用フォームを作成いたしましたのでそちらにご登録ください)

(※現在、フォーム入力後に同じ自動返信メールが2通送られる不具合が起きています。お手数ですが、片方は手動で破棄してください。)

なお、一度、入金した受講料・配信料・寄付については、いかなる理由がありましても、返金できませんので、ご了承ください。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


(3/8)緊急企画「オンライン・フェミニズムウェーブ〜ネットでつなぐ国際女性デー」

中継は下記のリンクから! オンラインフェミニズムウェーブ、中継は終了しました!  アーカイブ公開については今後出演者の確認を取って可否を決定します。  公開の場合ふぇみ・ゼミとウィメンズマーチ東京のHP、Twitterでご紹介します。 プライバシーなどの許す範囲で公開する方向で進めて参りたいので、今しばらくお待ちください!

新型コロナウィルスCOVID-19の影響で、様々なイベントが自粛・中止され、また、休校など市民の生活への影響も広がってています。
みなさんの中にもつらい決断をされたり、厳しい調整をせまられた方がいらっしゃるのではないでしょうか。
仕方がない面もありますが、「緊急事態」を盾に、市民の生活や活動が圧迫される危険があります。排外主義につながる危険も見過ごせません。

ふぇみ・ゼミでは、ウィメンズマーチ東京2020実行委員会の共催をいただき、国際女性デー(3月8日)に、オンラインで配信イベントを開催します。
日本各地や他のアジアのフェミニズム運動、LGBTQI+運動とオンライン上でつながって行うYouTubeの中継を見て、リアルタイムで感想共有、参加してください!
ふぇみ・ゼミは設立当初から配信に力を入れてきました。
現在のインターネット技術の発展は、これまで運動に参加することが難しかった人に機会を広げ、多様な声の発信を可能にしています。
リアルに集まる場を準備してこられたウィメンズマーチ東京2020実行委員会と協力し、新しいわたしたちの「集い」を開きます。

詳しくはこのページ、facebook、twitterで随時更新・告知します!
フェミニズム運動は、これまでどんな時も続いてきました。集まれなくたって繋がれる!
知恵と工夫で自粛せず、フェミニズムを続けましょう!


*当日、このページに動画配信のリンクをはります。生中継をご覧ください。
*ウィメンズマーチ東京の共催団体、ふぇみ・ゼミの過去の講師の方々、日本各地やアジアのフェミニズム運動、LGBTQI+運動アクティビストのビデオメッセージや生中継。
*ウィメンズマーチ東京のハッシュタグアクション「#おうちでマーチ0308」に寄せられたtweetの紹介。
ウィメンズマーチ熊本[オンライン・アクション]性別賃金格差解消のための3時STOP女性スト認証SHOTキャンペーンなどの紹介。

*リアルタイムでいただく視聴…