スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3/30東京都知事緊急会見への抗議声明

新型コロナウィルスと接待飲食業・性産業従事者への社会的差別についての懸念


3月30日夜、小池百合子東京都知事の行った緊急記者会見の中で、「東京都における孤発例の分析」として、厚生労働省クラスター対策班の西浦氏より「特定業種に関連することが疑われる事例」として「夜の街といいますか、夜間から早朝にかけての接伴飲食業の場での感染者が東京都で多発している」という発言がありました。
ウィルスの感染と特定の業種、ことに社会的な差別や排除を受けやすい業種が結びつけられることには、極めて慎重な態度が要求されるにもかかわらず、なんら配慮が行われず、支援策もないまま発表がなされることに、私たちは強い危惧を感じています。
また、小池知事は「セーフティネットの拡充」に取り組むとしていますが、すでに、厚生労働省が発表した「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金」の対象者から、会見中で名指された接待飲食業、さらに性産業で働く人々が除外されていると問題視されています。このような露骨な差別はもちろんのこと、そもそも世帯単位や企業単位の、既存の枠組みでつくられたセーフティネットから排除されやすい人たちが、多く働いているのが接待飲食業や性産業です。また職業に対する差別・偏見があるために、困難に直面しても相談の声をあげづらい状況があります。
ウィルスを封じ込めるという防疫の観点からも、社会的な差別をあおることはすべての人が感染するウィルスの危険性から目を背けさせる効果を持ちえます。私たちはフェミニストとして、女性が多く働いているこうした業種・職種に対する差別を惹起しかねない、厚生労働省・行政首長・専門家の施策、発言に抗議し、再考を求めます。
そして、実際に防疫上の必要があり、営業の自粛を求める際には、既存のセーフティネットから零れ落ちやすい人たちを含め、すべての働く人の生活が保障される形での補償を迅速に行うことを求めます。
以下、問題点を記述します。
(1)断片的なデータをもとに特定の業種を名指すことの問題性
・全体像のわからないデータの問題性
記者会見で示されたデータは「東京都内の保健所の積極的疫学データ」に基づいて示されているというこのデータで、「特定業種の場で曝露したことが疑われる方が、全部で38名」「最近二週間の30%の患者がそれに相当」というものです。
しかし、なぜそのように推測できるのかというこ…
最近の投稿

ふぇみ・ゼミ 2020年度スケジュールが決定しました!

2020年度も、素晴らしい講師陣をお迎えしてふぇみ・ゼミはさらに飛躍します。
ガイダンスで登録方法や、注意事項についてお知らせしますのでぜひご参加ください。 
引き続き、皆さんと共に学び、考え、アクションを起こしていけることを楽しみにしております。

-------------
春期 4月24日(金) 公開無料ガイダンス オンラインで公開 ※ガイダンスの内容は後ほど映像で見られるようになります。 熱田敬子、飯野由里子、金美珍、河庚希、梁・永山聡子
5月20日(水)田中東子 広告のなかのジェンダー表現を問い直す」
6月17日(水)嶽本新奈 「近代史の中の女性と越境ーー『からゆきさん』を事例として」
7月8日(水) 上村和子 「地域でジェンダー平等、差別禁止を実現するための道のりと課題について〜国立市議として〜」
9月30日(水)山岸素子 「移民女性の現状とエンパワメント〜カラカサンと移住連女性プロジェクトの活動から」

秋期 10月16日(金)瀬山紀子 「優生保護法裁判から考えるリプロダクティブ・ヘルス・ライツの課題」 

オンライン・フェミニズムウェーブのご報告

イベント終了後の記念写真

こんにちは。ふぇみ・ゼミ受講生のHです。本日は、今年の3月8日国際女性デーに開催されたオンラインイベント、『オンラインフェミニズムウェーブ』(ふぇみ・ゼミ、ウィメンズマーチ東京共催)のレポートをお届けします。

オンラインフェミニズムウェーブは、zoomというアプリを使って参加者でビデオチャットをしながら、その様子をスクリーンに映し出してYouTubeで配信する、というかたちで行われたオンラインイベントです。COVID-19の影響によって様々な活動の自粛が要請されている現状が市民の生活や活動の圧迫につながるのではという危機感から始められました。

今回のイベントでよかったのは、「様々な女性たちの様々なイシューと出会える場」が実現されており、その中で差別の交差性(インターセクショナリティ)が意識されていたこと。東京以外で活動されている方たちやアジア各地のフェミニスト、アクティビストたちとつながれたことの2点でした。
本レポートではこの2点に留意しながら振り返りをしていこうと思います。

まず1点目についてです。
今回のイベントは、ウィメンズマーチ東京の賛同団体及び、ふぇみ・ゼミ関係者の方々から事前にメッセージをいただき、それを会場で紹介するというかたちをとっていました。集められたメッセージはどれも力強く、多様なものでした。
「女性にもフォーマルな場で健康的な靴を履く権利があるということをお知らせする運動」である#KuToo、「Sexwork is work!」を訴えるSWASH、「だれもがいきいきと生きられる社会のために」をスローガンとして掲げている在日本朝鮮人人権協会性差別撤廃部会などなど、みなさんからいただいたメッセージを通じて様々な問題に触れることができました。
また、性差別と深く結びついている民族主義や排外主義、トランスフォビアなどに対しても問題提起がされました。様々なマイノリティ女性を不可視化・排除しないフェミニズム活動ができたことに意義を感じています。


(あいトリ≪平和の碑≫撤去に反対する有志グループ代表の方がイベント用に作ったプラカード)
2点目の、東京以外で活動されている方たちやアジア各地のフェミニスト、アクティビストたちとつながれたことについてです。
このイベントでは、熊本、近畿、そして東アジアで様々に活動されている方々とチャットでつながったり、いた…

さいたま市の朝鮮幼稚園へのマスク不支給問題への抗議声明

さいたま市の朝鮮幼稚園へのマスク不支給問題への抗議声明
<備蓄用マスク配布をめぐるさいたま市の対応とそれに対する抗議の経緯について>
さいたま市は9日、市が所有する備蓄用マスク24万枚のうち、保育所、幼稚園、放課後児童クラブ、放課後等デイサービス事務所など1057施設の職員向けに9万3千枚を、高齢者施設、介護施設などの職員向けに8万7千枚、合計18万枚を配布するとした。ところが、「朝鮮幼稚園のほか民間の塾など」はマスク配布の対象外とされた。 (詳細はこの記事を参照 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000009-saitama-l11&fbclid=IwAR2HjdzL3LfKKklHcquYvosp66gPrjGbWREXOs41BTeXQ_1zS0iSMYAaXJY
朝鮮幼稚園が対象外とされたことが分かったのは前日の10日。埼玉朝鮮幼稚園の朴洋子園長が、さいたま市危機管理課に問い合わせたところ、幼稚園担当の子ども未来局に問い合わせるよう話があり、電話で直接問い合わせたことで判明した。 朴園長によれば、子ども未来局の担当職員は、朝鮮幼稚園を対象施設ではないとした理由について、「(朝鮮幼稚園が)さいたま市の指導監督施設に該当しないため、マスクが不適切に使用された場合、指導できない」と述べたという。11日、さいたま市役所内で在日本朝鮮人人権協会の金奉吉会長、朴園長をはじめ関係者らが緊急抗議行動を行った。 (詳細はこの記事を参照 https://www.chosonsinbo.com/jp/2020/03/hj200311-1/)
本件は、朝鮮学校・幼稚園が無償化から排除されたことと関係しています。このような極めて悪質な行政の対応を放置してはいけません。「すべての幼児教育・保育施設に無償化制度適用を求めるフェミニストの声明」に賛同くださったみなさんにお知らせしますとともに、ふぇみ・ゼミとして抗議の意思を表明します。

皆さま、是非、抗議の電話、FAX、メールをお願いします! ●幼児政策課0488291859
●市長公室/広聴課 電話番号:048-829-1931 、ファックス:048-825-0665

郵便の方はこちらに

●幼児政策課 住所 〒330-9588 さいたま市浦和区常盤6丁目4番4号 さいたま市…

(3/8)緊急企画「オンライン・フェミニズムウェーブ〜ネットでつなぐ国際女性デー」

中継は下記のリンクから! オンラインフェミニズムウェーブ、中継は終了しました!  アーカイブ公開については今後出演者の確認を取って可否を決定します。  公開の場合ふぇみ・ゼミとウィメンズマーチ東京のHP、Twitterでご紹介します。 プライバシーなどの許す範囲で公開する方向で進めて参りたいので、今しばらくお待ちください!

新型コロナウィルスCOVID-19の影響で、様々なイベントが自粛・中止され、また、休校など市民の生活への影響も広がってています。
みなさんの中にもつらい決断をされたり、厳しい調整をせまられた方がいらっしゃるのではないでしょうか。
仕方がない面もありますが、「緊急事態」を盾に、市民の生活や活動が圧迫される危険があります。排外主義につながる危険も見過ごせません。

ふぇみ・ゼミでは、ウィメンズマーチ東京2020実行委員会の共催をいただき、国際女性デー(3月8日)に、オンラインで配信イベントを開催します。
日本各地や他のアジアのフェミニズム運動、LGBTQI+運動とオンライン上でつながって行うYouTubeの中継を見て、リアルタイムで感想共有、参加してください!
ふぇみ・ゼミは設立当初から配信に力を入れてきました。
現在のインターネット技術の発展は、これまで運動に参加することが難しかった人に機会を広げ、多様な声の発信を可能にしています。
リアルに集まる場を準備してこられたウィメンズマーチ東京2020実行委員会と協力し、新しいわたしたちの「集い」を開きます。

詳しくはこのページ、facebook、twitterで随時更新・告知します!
フェミニズム運動は、これまでどんな時も続いてきました。集まれなくたって繋がれる!
知恵と工夫で自粛せず、フェミニズムを続けましょう!


*当日、このページに動画配信のリンクをはります。生中継をご覧ください。
*ウィメンズマーチ東京の共催団体、ふぇみ・ゼミの過去の講師の方々、日本各地やアジアのフェミニズム運動、LGBTQI+運動アクティビストのビデオメッセージや生中継。
*ウィメンズマーチ東京のハッシュタグアクション「#おうちでマーチ0308」に寄せられたtweetの紹介。
ウィメンズマーチ熊本[オンライン・アクション]性別賃金格差解消のための3時STOP女性スト認証SHOTキャンペーンなどの紹介。

*リアルタイムでいただく視聴…