スキップしてメイン コンテンツに移動

【ふぇみ・ゼミ特別公開講座「3つの場所のフェミニズム」vol.0】 北京LGBTセンター事務局長辛穎さん「1995世界女性会議の後 中国LGBT運動は野火のように拡がった」のお知らせ

ふぇみ・ゼミ企画 特別連続講座「3つの場所のフェミニズム」vol.0
北京LGBTセンター事務局長・辛穎(Xin Ying)さん講演会



講演タイトル「1995世界女性会議後、中国LGBT運動は野火のように広がった」
2019年4月30日(火・休) 13:30開場 14:00~17:00
東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟3階2番教室
資料代 1000円(ふぇみ・ゼミ受講生は無料)
事前申し込みは不要です。
お問い合わせ先 femizemi2017@gmail.com

司会 梁・永山聡子
コメンテーター 飯野由里子、高柳聡子
通訳・コーディネーター 熱田敬子
主催 ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム・ゼミナール~ふぇみ・ゼミ~
共催 東京大学大学院教育学研究科 バリアフリー教育開発研究センター

※講演は中国語です(日中通訳付き)。通訳部分を含む日本語の発言について、PC文字通訳がつきます。託児はありませんがお子様連れも歓迎します。その他配慮が必要な方はお問い合わせください。


講演テーマ:「1995世界女性会議後、中国LGBT運動は野火のように広がった」


1995年北京の懐柔で、第4回世界女性会議が開かれ、189カ国と地区の代表、国連各機関と専門団体、また政府間組織とNGOの体表など、1.7万人が参加した。
 95年の世界女性会議の後、NGOの存在が中国市民に認識され始める。そして、「ジェンダー主流化」の概念もまた、中国に入ってきた。
 その頃中国では、同性愛は未だに非犯罪化されておらず(1)、病気とされていた(2)。第4回世界女性会議上で、全世界から300人以上のレズビアンが懐柔に集まり、NGOフォーラムの中で「ララ(拉拉)・テント」が承認された(訳注:「ララ(拉拉)」はレズビアン・バイセクシュアル・トランス女性など、女性のセクシュアルマイノリティの総称)。これは中国のララ・コミュニティと、国際的なララ・コミュニティの初めてのつながりでもあった。世界女性会議の後、北京のララ・コミュニティは組織化をはじめ、バーや個人の住宅で小規模な集まりを開催した。こうして、規模は小さいながら、徐々に一つのコミュニティが形成されていく。1997年、中国で初めての同性愛者コミュニティのホットライン99575が成立、同年中国で初めてのララ団体、シスターズ・グループ(姐妹小組)も立ちあがった。初期のララ運動は、一貫してフェミニストの積極的な参加と支持を得ていた。
 それでは、95年世界女性会議の後、中国のLGBT運動はどのように発展し、また女性運動の発展とどのように関係していたのだろうか?
 北京LGBTセンター事務局長の辛頴が、北京LGBTセンター発展の歴史的文脈から、中国LGBTの権利の発展と現状、中国LGBT運動とフェミニズム運動の関係について紹介する。

(1)1979年の「中華人民共和国刑法」は同性の性行為を治安紊乱罪(流氓罪)としていた。1997年の刑法改正で鶏姦罪を含む治安紊乱罪は撤廃された。
(2)1989年の「中国精神病分類・診断基準マニュアル(中国精神疾病分?和?断?准)第二版」では、同性愛は「性変態」の範囲に入れられている。2001年の第三版で同性愛はマニュアルから削除されたが、依然として「自己否定と、同性愛、両性愛」の記述は残っている。

北京LGBTセンターwebサイト



辛頴プロフィール:

 北京LGBTセンター事務局長、中国民間女性映画祭共同創始者。ジェンダー領域で9年間アドボカシーアクションを行ってきた。2012-2015年の間、反DV運動、ジェンダーに基づく教育差別反対運動など、女性の権利擁護アクションにも頻繁に参加した。2012年に北京LGBTセンターに就職し、国際的影響力のあるアドボカシー、研究調査プロジェクトの企画・提案を主導した。2016、2017年にそれぞれ「性指向、性自認、性別表現に基づく差別状況調査」「中国トランスジェンダー・レポート」の研究を実施し、国内外のメディアに多く報道された。研究成果は国内外の学術雑誌に発表している。2012年には、中国LGBTアライカウンセラー・トレーニングをスタートし、現在まで中国各地で18のトレーニングを行い、中国30都市をカバーした。中国LGBT組織の代表として、世界銀行、国連ニューヨーク本部での国際会議などに出席した経験が豊富である。

このブログの人気の投稿

トランス排除に反対するフェミニストの声明

トランス排除に反対するフェミニストの声明   2020 年 8 月 18 日、 NPO 法人ウィメンズ・アクション・ネットワーク(以下、 WAN )のウェブサイトにトランス排除的なエッセイが掲載されたことに関連し、ふぇみ・ゼミ生を中心とした自主グループ「ふぇみ・ゼミ × トランスライツ勉強会(以下「勉強会」)から WAN に宛てて、 10 項目にわたる 公開質問状 が出されました。なお、「勉強会」はふぇみ・ゼミとは独立した自主グループですが、ふぇみ・ゼミは若者の活動を育てることを活動目的の一つとしており、今回も「勉強会」の活動を支援しています。  回答期限である 8 月 31 日、「 WAN 編集担当」より「 公開質問状への回答 」と題する文章が「勉強会」宛てに送付されました。しかしそれは、質問状中の大半の質問に答えていないばかりか、情報発信側に問われている責任をまったく理解していないと思われる、大変不誠実な内容でした。さらに、公開質問状が NPO 法人 WAN の「組織としての」回答を求めているにもかかわらず、現在に至るまで、理事会からは何らの応答もなく、差別や人の尊厳・人権といった課題に対し、 WAN が組織として対応できないことを露呈した形になっています。  近年、日本でも、フェイクニュースやヘイトスピーチの拡散に SNS 等のインターネットプラットフォームが大きな役割を果たしていることが、 社会問題として認識されています。 情報発信側には、正確で信頼のできるコンテンツを提供するとともに、特定の人々(とりわけ、社会的に脆弱な位置に置かれている人々)の存在・尊厳・人権を危険に晒すようなコンテンツを掲載しないこと(万が一、掲載された場合は時を移さず削除すること)が責務として強く求められる時代になっています。そうした中での今回の WAN の判断・対応は、 WAN がこの時代のインターネットプラットフォームを運営する主体としてふさわしくないという事実を明らかにしています。現在、多くの人たちが、自身が執筆した記事を WAN サイトから引き上げる活動(ボイコット)に参加しているのは、このためでもあります。私たちふぇみ・ゼミ運営委員は、 WAN のプラットフォームとしてのあり方を問い、トランス排除的なフェミニズムに反対するゼミ生の活動を強く支持します。同時に、今回素早く問題

スタッフ募集(12/31〆切)

 【ふぇみ・ゼミ スタッフ募集要項】   ふぇみ・ゼミでは下記の通り、 1.UDトーク校正スタッフ 2.動画コンテンツ作成、配信スタッフ 3. 事務所勤務スタッフ のアルバイトを募集します。  希望される方は、 ①希望の職種 ②履歴書(書式自由) ③関連するソフトの使用経験 ④ふぇみ・ゼミへの参加経験の有無と、応募動機、簡単な自己紹介 を添えて、 femizemi2017@gmail.com までご連絡ください。   <募集締め切り> 2020年12月31日 書類審査を通過した方は、面接を行います。面接は1月8日の18:00以降で調整予定。 (会場:赤羽)面接の交通費は支給しません。 尚、面接については感染拡大の状況によって変更の可能性があります。 遠方にお住まいの方などは、zoomなどでの対応を検討します。ご相談ください。   ●UDトーク校正スタッフ アルバイト募集● <時給> 1200円 ※研修中も時給は発生しますが、時給は下がります。 <仕事内容> UDトークによる講演やイベントのリアルタイム字幕校正作業及び、それに伴う関連する事務作業、連絡業務など。 <応募条件> ・基本的に在宅業務ですので、どこに住んでいてもOKです。 ・校正に使うことのできるPC、スマホ、インターネット環境をお持ちの方。 ・ラインや、業務連絡ツールでレスポンスをきちんとできる方。 ・PCを日常的に使用しており、タイピングに問題がない方。 ・講演やイベントの開催時間は日本時間で平日夜18:30以降と土日が多くなります。この時間帯に仕事ができる方を優先採用します。 ・ふぇみ・ゼミに過去参加したことがある方優先採用します。 ・大学学部生歓迎。   ●動画・音声コンテンツ製作、配信スタッフ ● <時給> 1200円~(経験や技能がある方は考慮します。研修が必要な場合、研修期間の時給は下がります) <仕事内容> フェミニズムやインターセクショナリティに関するライブ配信、動画制作、ポッドキャスト制作とその補助、およびそれに伴う関連業務。 <使用ソフト> Adobe Premiere、iMovie、 DaVinci Resolve、GarageBand、Audacity、Photoshop、zoom、OBS studioなど。 <応募条件> ・ジェンダーやフェミニズム、インターセクショナリティに関心

【ふぇみ・ゼミ緊急企画 #Me Tooと民主主義】1/29「草津の女性町議リコール問題に見るジェンダーと民主主義」

ふぇみ・ゼミでは、【ふぇみ・ゼミ緊急企画 #Me Tooと民主主義】「草津の女性町議リコール問題に見るジェンダーと民主主義」と題して、1/29にオンライン講座を行います。講師はジャーナリストの林美子さんです。 そしてこのイシューについて、そもそも何があったの?という人のために、ふぇみ・ゼミ学生スタッフがおさらいを作りました。このページの最後に載せてあるので、ぜひこれだけでも読んでいってください😆(画像をクリックすると拡大されます) そしてもっと詳しく知りたいなと思ったら、ぜひ講座の方にもご参加ください! 後から配信もございますので、当日都合が合わない方も録画映像をご覧いただけます。 講座の詳細は、こちら( https://femizemi-kusatsu.peatix.com/ )をご確認ください。 2021/01/29 (金)19:00 - 21:00 会場:オンライン チケット 一般  ¥1,500 学生/ふぇみ・ゼミ寄付者 ¥1,000 2020年度後期ふぇみ・ゼミ生 ¥500 お申込み: https://femizemi-kusatsu.peatix.com/view お申込み: https://femizemi-kusatsu.peatix.com/view  

ふぇみ・ゼミイベントカレンダー